忍者ブログ
田中ちはるの、出店のことや日々のこと書いてます。 作品のことも書かないとね。
[1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278]  [1277]  [1276]  [1275]  [1274

夜の外、空気が気持ちいいです。
星がきれいでした。



情けないですが、今日やっと、AQUA展の絵が描けました。
あした搬入に行ってきます!
期限には間に合ってるけど、いつもギリギリで申し訳ない( ;∀;)


今日、絵を描いてる途中から、考えてました。

仕事の内容に沿って描くイラストレーションではなく。
自分が好きで描く絵は、極端に言うと、自己満足の絵を描いてるのかなとおもう。
好きで描くんだから、それは普通かもしれませんが。

ただ、自分の好きに描いてると言っても、作品には自分の気持ちを込めたり、何か伝えたいことも込めるときもあるし、ただコレが描きたい!とおもって描くだけのときもあります。
でもやっぱり、そこは「自分の世界」であって。
わたし個人は、誰かが見てどうおもうのかは二の次で、やはりまずは自分が好きで、描きたくて、こうだ!っておもうように描きます。

今回もシンプルなかんじで描いたから、余計に考えるのですが。
自分はしっかり考えて描いた絵ですが。
誰かが見たら、「ふーん」と、流されてしまうような、絵なのかなあって。

好きでやってることではありますが、作品を外に出す以上は、やはり興味をもってもらいたいとか、気に入ってもらいたいとか、おもってしまいます。

色や画風や塗り方、どこかの部分で「気持ちにひっかかる」ような作品でないと、いけないんだなとおもうんです。
誰かに見てもらう以上は、つまらない作品だとおもわれてはいけない。

まずは自分の好きには描くのだけど。
「誰かの気持ちにひっかかる作品」が作れるようにありたいです。

・・とか、おもったよ!



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3
5 6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 25
27 28 29 30 31
最新CM
[03/17 田中ちはる]
[03/16 ゆう組長]
[03/13 hippi]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]