忍者ブログ
作品のこと以上に日々のこと書いてます◎
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

熱帯夜じゃなくなったので、夜はわりと過ごしやすくなった気がします。
虫の声も大きいです。
そう。気づくと、夕暮れが結構早くなってた。



七月にお世話になった渡風路屋さんの「裏庭の創作展」のご縁から、秋の絵の展示会に出品しませんか?・・と、お声をかけていただきました。

こんな機会はない!と、参加させていただくことに!
なんとも貴重な機会をいただきました。
(またいつぞやお報せ致します)

名刺に「絵描き」とか載せてるんですけど、実際は絵描きとしては活動していません。
だって、ほとんど描いていないもの!
住所を訪ねると会社がない!・・みたいな。
実態がないらしい・・詐欺の匂いが漂う・・みたいな雰囲気が、「絵描き」を名乗る自分から出てるよね(汗)

技術的なことや、活動の少なさを言うと、わたしが参加していいのかという気持ちもありました。
が!
今年の二月の「誰かに送りたくなるポストカード展」。
前述の渡風路屋さんの、七月の「裏庭の創作展」。
描きたいとおもってるわたしの背中を押してくれるようなタイミングだったような・・とか、勝手におもってます。
ここで参加しなきゃ、わたしはいつ描くんだ?と。
不安はありますが、自分の「描きたい!」の気持ちで、参加させていただくことに。

がんばります。


七月の渡風路屋さんのとき、久々に絵の具を出してきたのですが。
絵の具のチューブで、残り少なかったやつが、乾いて使えなくなってることに、どれだけの期間、絵を描いてなかったかをおもい知らされました。
色鉛筆でも絵を描くので、使わなかったのもあるんですが。
最近はひさしぶりに、絵の具でも描きたいなと。

なので、絵の具も、ちょいと買い足し。

ここ2~3年で、紫色がけっこう好きになる。
嫌いじゃなかったけど、自分にはあんまりピンと来なかったというか。
いまは、素敵な色に映っています◎


あと、余談ですが。コレ。

・・左に見える、木材は気になさらず!

「何か描こう!描こう描こう!」と、プラン無く背景を塗って、それで終わったキャンバス。
しかもちょっと、変なとこ絵の具つけちゃってるし!

描きたい!という気持ちだけ走って、何を描きたいかは決めてなかったから、そりゃあ描けないですね。
「おもうままに」なんていう、自由な感性をわたしは持っていなかった(苦笑)
それで描いたとしてもきっと、気に入らないだろうというのがわかります。

・・これはたぶんもう、6~7年くらい経つかな。
「小さい絵ばかり描いてると、大きい絵は描けなくなるよ」と、学校で言われて、大きめで手に負えそうなサイズでキャンバスを買って、とりあえず向き合ってみた→描けなかった→いまに至る。
というかんじですね。
ひどいもんだ。

今回、これも使おうとおもいます。
6~7年越し。
ちょうど、ちょっと大きく描きたいものがあったんで、あってよかった◎


絵描きとしての引き出しは、ずいぶん中身が少なくて不安ですが、とにかく、描きたいとおもうものを、描いていこうとおもいます。


拍手[0回]

PR

にじ。

薄いところもあったけど、わりとくっきりしてた◎

虹のふもとには、宝物がある。
と、昔なにかで、聞いたか読んだかしたことがあります。



拍手[0回]


昨日か一昨日か。
夜の空気がしとっとしていて、夏の夜だなって、おもいました。
どこかのお店だったかな。
蚊取り線香を焚いていて、夏の匂いだなって、おもいました。



そんなに筆まめではない・・というか、お手紙を書く機会自体が少ないのですが。
気になっていた、初めてさんのための万年筆・カクノを購入◎

わたしの写真の背景は、最近ずっと、カッターマットだ。
作業するのに便利なので、ついそのまま机にずっと置いといてしまう。

ふふふ・・中字と細字のふたつを大人買いだぜ!
規模がちっさい大人買い(苦笑)

水性のボールペンで書いていたのですが、文字が乾いていないところに手を置いてしまって、かすれさせてしまうことがもうね・・あー!!ってかんじでね。
便箋がメモ用紙に格下げになるなる(手紙部分は切って捨ててます)。

正式な書きかただと、まず水性ボールペン自体がだめなはず。
一応、インクとつけペンも持っているのですが、これはこれで、字を書くのに慣れるのが大変でした・・。
ペン先を育てないといけないのかなあ・・筆圧とか、コツがいるんですよね。

ガラスペンも持っているのですが、ペン先が極細で、お手紙を書くことを考えると、細い字が少し寂しくかんじまして。
でも、書き心地はすごいいいんですよ・・ガラスをあんなに細くしたり、ミゾをつけたりできるなんて、日本の職人技って本当にすごい!!


ずいぶん前にテレビで知ってから気になっていたカクノ。
一生モノになるような、上等なものもいつかは・・!とはおもいますが、気構えずに使えるところがいいなとおもい、カクノを選びました。
キャップの色が何色かあって、可愛かったです◎

早速、インクをセットして書いてみますと、おおぉ~なめらか~◎
インクも普通に乾燥してくれるので、かすれる心配も激減でしょう!
・・あとは、書き損じだけしないように~ですね(汗)



拍手[0回]


アホみたいに、いっぱい布を切るから、余計にダメでした。
シュシュのときもそうでしたが、今日やっと、コースターに切った分も、ミシンの作業を終えました。
あとは表に返して、返し口を縫うだけです。
・・それもまた、すごい量なんですけどね(・д・ll)

とりあえず、ひとつのことが終わったんでよかったです。
また、ずっと出しっぱなしだったミシンを片づけーの、道具やら材料やらもそれぞれの場所に戻しーの、いったんそれぞれひっこめて、リセットリセット。

作業に使うところを少しきれいにすると、やっぱりいいですね。

今度は、カルトナージュをやっていこうとおもいます。
次に、たぶんプラ板。
そのうちに、リメイク缶。
時間をとって、枝かんざし。
できたらワイヤーのかご。
タイミングを見て、まだ植え替えできてない多肉植物さんの寄せ植え。
色鉛筆のケースも、そろそろ。

やり残しの多いこと!
ひとつずつ。ひとつずつです。


もうカワセミはいないのですが、少しだけ、お散歩に。
殺風景に見えた川が、緑でモリモリになっているのがいいですね。

こういうの好きです◎
確か、冬の間はごろごろした石や川砂のちょっとした島みたいだったはずなのに、グリーンアイランドになっとる!

あとは、なにがいたわけでもないですが。
ツツジが満開だったり、新緑がきれいだったり。
カモが、デカい鯉にビビッていたり。
そう。鯉といえば、立派な鯉のぼりも見ました。
ピカピカの自転車に乗った、小学生くらいの男の子が、わざと段差や砂利のほうへ行って、自転車を漕いでいたのがかわいかったなあ。
たぶん、冒険(チャレンジかな)してるんでしょうね◎


なんか、だらだら文になってしまいました。
まあそんなかんじで、今日はちょっと、すっきりしたりほっとしました。

さあ、あしたは黒江に行ってまいります☆

ぬりもの館では寄席があるそうです!
http://kuroe-nurimonokan.jp/
「スタッフ日誌」のほうから、情報を見てみてください◎
忘れていましたが、Facebookにもページがございますので、ご登録されている方は「黒江ぬりもの館」でも検索してみてください!

手作り雑貨と柑橘・セミノールちゃんを置いて、お待ちしております◎



拍手[0回]


あみあみの木箱、ひとつでけました◎

大きく写すと、部屋の散らかりがバレるので、こんくらいで(笑)

亜鉛の金網なので、やわやわしています。
ロールで切り売りしてたので、元々丸まっていたのを、あんまりまっすぐにできなかったのも、やわやわの理由。

金網はタッカーでとめました。
細かく何ヶ所も、バチバチとめましたが、強度はあんまりかな。
重いものを入れるわけじゃないので、いいかなとおもいます◎

おなじサイズでもうひとつ。あとは金網をとめるだけ。

あしたから、枝の乾燥に大活躍・・のはず◎



拍手[0回]

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 4 5
8 9 10 11 13
15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[03/17 田中ちはる]
[03/16 ゆう組長]
[03/13 hippi]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]