忍者ブログ
田中ちはるの、出店のことや日々のこと書いてます。 作品のことも書かないとね。
[950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940

むっちゃ暑いですね。
すごい天気がよくって、青空が気持ちいい、雲の白さが素敵。

蝉の鳴き声も、日々に溶け込んできました。
大好きな熊蝉の声も聞こえてきます。



言葉に苦しめられてるなあと、ちょっとおもいます。

たとえば「ママ友」「メル友」
たとえば「いじめ」

言葉だけが先に走っていて、本当に友達じゃない場合があるのが「ママ友」「メル友」。
つながっただけの相手に「友」とつけるからややこしいんだ。

傷害・暴行・恐喝・脅迫・殺人未遂・自殺教唆など、刑法にあたることをやってるけど、罪の意識を低くさせているのが「いじめ」という言葉。

あくまでも、個人的な意見ですが、どちらも軽々しい表現かなとおもいます。
それに苦しめられるんだから、言葉の力というのは怖い。

「言霊」と言うくらいですから、言葉の力はすごいですね。

モラルハラスメントはまさに言霊パワーですよね。
「お前が間違ってるんだ」「非常識だ」「世間知らずだ」とか、言葉を浴びせられると、「そうか、僕・わたしが悪いんだ・・」って、なるらしいですね。

この支配力たるや、言葉って本当にすごいパワー。

反対に、「うれしい」とか「たのしい」とか「ありがとう」って言うと、きっと幸せになれるはず。


と。
何が言いたかったかというと、とりあえず、表現だけの言葉に惑わされないようにしなきゃねってこと。

「ママ友」という言葉を全否定するんじゃないけど、繫がりを表してるだけで、そのひととは本当に友達なのかは、一度考えればいいなって。

「いじめ」は・・言葉自体もう変えるほうがいい気はする。
「肉体及び精神の殺人未遂事件」くらいの意味で、もうちょっと短くなるといいな。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 4 5
7 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[03/17 田中ちはる]
[03/16 ゆう組長]
[03/13 hippi]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]