忍者ブログ
作品のこと以上に日々のこと書いてます◎
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

やればできるもんだなと。
夜更かし。

八月八日。立秋ですね。
秋か。
そう、わりと早いうちから、ツクツクボウシが鳴いてました。
暑いけど、夏が去ろうとしています。



さ~あしたよ☆

ポポロハスマーケット
2015年8月9日(日)
11:00~16:00。
場所は、和歌山市のぶらくり丁商店街です。

今月のテーマは「夏祭り」。
浴衣で来られますと、なんか、ぷれぜんとがあるらしいです◎

いちおう、ブース表を。
すみません、読めるほど見えないとおもいますが・・。
 
今回は、ぶらくり丁の真ん中あたりです。
(紹介とブース位置を、ピンクでちょびっとマルして線でつなげてます)

よろしくお願い致します◎
 

で、よなよなやってました、プラバン。

新作の、試作も兼ねて。
アザラシちゃん登場。
正面ごろりん・体を少し起こした様子・水の中を泳いでるような伸びたやつ・・の、3パターンあります◎
あとゾウさんとか、文字入りも試してます。

加熱が終わったところです。みんな裏面を向けてる写真。
いくつか失敗しました。焼きがむつかしいんですが、それぞれに合わせられるようになってきたかも・・。

あとは裏の処理。
仕上げしてみて、やっと大丈夫かわかる。
これ、全部大丈夫ならいいんだけど、そうもいかなくて。
ちゃんとできたら、あしたもっていきます!!

定番になってきたしずくブローチも、今回はいい色が出てるものが多いとおもいます◎
なんかわからんけど、青とピンクと黄色を多用。


そんなかんじです◎


拍手[0回]

PR


昨日の、バザーに向けてのリメイク缶作りの工程を、ちょっと紹介です。
ネットで知識を得ての作業。
みんな、紹介してくれるのでありがたいです◎


必ず軍手をしてください。
けがします。
けがしたやつが言うんだから、まちがいないよ!


用意しますは、飲み物のアルミ缶。
缶詰めの空き缶の加工は、また後日に◎

昨日のブログで載せた大量の缶は、ペンキを塗るところまでやっちゃったので、今日の晩ご飯のときに空けたビールの缶で、紹介を。

器として使いたいので、このフタの部分を取ります。

大きいカッターで、溝の部分をガリガリとなぞります。
15~20回、ぐるぐるとなぞります。
わたしは少し、力を入れてやります。

金切りばさみ(キッチンばさみみたいなごついのでもいいらしい)で、切り込みを入れます。
 
切ると、とがった部分ができてくるので、必ず軍手を。

ぐっと中へ押し込んだり、また引っ張ってきたりを繰り返すと、カッターでがりがりとなぞった線に沿って、切れます。
 
なぞった部分に近いところを押して負荷をかけると、切れるのが早いです。

フタの部分がとれました。

カッターでなぞったところは、それなりにイガイガしています。

その部分を、紙やすりをかけて、マシにします。
わたしは♯240~♯400を使います。

アルミ缶のこのかたちを生かすリメイク缶なら、ここで終わり。
塗りの作業に入ります。


昨日のブログでも少し名前を出しました「缶バッグ」にするときは、引き続き、アルミ缶を加工していきます。

アルミ缶の底の部分を切り取ります。
あんまり上のほうで切っちゃうと、短くなりすぎるのでご注意を。

切り口がゆがまないように、カッターを台(写真はテープ)に乗せてしっかり手で押さえます。
アルミ缶の底が浮かないように、缶をぐるぐる回して、カッターの刃でなぞっていきます。
この時は、あんまり力を入れると、缶がへこんで高さが変わるので、缶がへこまない程度にかりかりと、3周ほどなぞります。

なぞり終わったら、そのなぞった部分に、カッターをぐっと押し込んでみます。
すると、ざくっと刃が入るので、さきほど、フタを取ったときのように、なぞった部分に力を入れると、裂けます。
危ないです。軍手!
 
力を入れても裂けないときは、金切りばさみなどで切ってください。

底の部分がとれました。切り口がちょっとだけガタガタしていますが、これくらいなら大丈夫です。
 
底は使わないので捨てます。

切った部分を、つぶして平らにします。

さっきの、底の部分を切るところなのですが。 
上記のように、カッターでやらなくてもいいです。
金切りばさみがありましたら、切込みを入れて、とりあえずザックリと切り、底の部分を取ります。
そして、平らにつぶしてから、まっすぐ切る。というのも方法です。

平らにつぶしたら、折り曲げます。
なるべくまっすぐ折り曲げたいので、わたしはカッターで筋(ピンク線)をつけます。

平らにつぶしているので、ものさしを当てて、まっすぐに!

カッターでつけた折り線にそって、ペンチで折り曲げます。

端っこをちゃんとまげると、きれいになります。
一度折り返したら、もう一回折ります。
 
そうすると、切り口が中に隠れて、マシになります。

こんなかんじです。

いかがでしょう。

ひっくり返すとこうです。
平らにつぶしているので、内側から外に押して、少しかたちを整えます。

缶のくちの両サイドに穴を開けて、ワイヤーなどをつけると、バッグになります。

これで、缶バッグ型のできあがり◎

・・とまあ、こんなかんじなんですが。

気になること。
ネットで紹介されていた作り方で。

植物を植える場合、水を抜く穴がほしいので、穴を開けるのですが。

平らにつぶして折り曲げた部分の、カドを切り落とすとありました。
確かに、こうすると、少しカドがとれて、丸みが出ます。
穴も開くので水も抜けるし、危険も減って、一石二鳥なかんじ。

が!!

写真が暗くてすみません。
平らにつぶして折り曲げた側を見てみると・・。

折り曲げた部分は、90度から、45度のとがりに大変身!
しっかりぴっちりと折り曲げられたときは大丈夫そうなんですが・・ぴっちりと折り曲げられたことはあんまりないんですよ。
わたしのやり方が上手ではないかもしれないし、でも缶も厚みがあるのもなので、ぴっちり折るってむつかしいともおもうんです。

わたしはとりあえず、カドはきらずにそのままにしています。
折り曲げた部分の上くらいに、釘で穴を開けるようにしようかと。

アルミ缶の加工は以上です。


そして、着色しています。
そう。着色の前に、缶にやすりをかけて、傷をつけておくと、塗料が乗りやすいです。
わたしは今回はやってませんが、やったほうがいいとはおもいます。

とりあえず、下地にこげ茶色や黒を塗っておけば、雰囲気が出るんじゃないかと、みんなこげ茶色にしてやったぜ!

 左側は、川砂を混ぜてみました。
みんな、ちょっとザラザラしたの作ってるのがいいなって。
ザラザラはセメントだとおもうんですが、持っていた川砂にしちゃった!
クランキーチョコみたいになった。

バッグ型。
 
こんなかんじです。 

あとはまあ、ラベル貼ったり色塗ったりですので、ここまでにします◎


いいのができるといいんですが。
 
 

拍手[2回]


五月の台風。
漫画の「3月のライオン」みたいなかんじ。
素敵な漫画です◎

台風のほうは、本当に気をつけよう!
すぐ通りすぎてくれたらいいけれど、それでも強いやつは怖いです。


その漫画からの言葉をまるまる引用させて頂くんですが。
「お金かけずに手間かけて」
を、実行(?)しております。

まだちょっと、詳しくお報せをしていいのかはわからないのですが。

バザーのために、リメイク缶を作り始めました。
 不要品があまりなかったので、作る方向に走っています。

ただ、正直なところ、あまり材料費がかかると、自分が続けられなくなってしまいます。
誰かのためになることだけど、自分が苦しくなってしまって、こころが伴わないものになるのが一番ダメなことだとおもいます。

そこで、前から作ってみたかったというのもあるのですが、リメイク缶に挑戦しようとおもいました。
素焼きの鉢を塗るために、ペンキはありましたし、ラベルは紙に印刷するだけ。
なんだったら、ペンキで絵を描いてもいいし。

親戚から、むっちゃビールの缶をもらえたので、作ってみています。
缶を出す日の前だったのと、GWに親戚中が集まったので、かなりの量◎
助かったぜ!

ウチからは、カルピスウォーターとほろよいが参加。


ここからはちょっと違う話。

これも正直言うと、実は、リメイク缶を商品にするのはどうだろう・・と、考えていました。

というのも、シンプルな理由。
缶の切り口が危ない。
最近は「缶バッグ」というのもあるのですが、そいつもちょっとカドがある。
缶バッグは、可愛いんですけど。

「切り口やとがった部分が危ないから、気をつけて使ってください」なんて言いながら、作ったものを売るのは、あんまり好きじゃないです。
「危ないのに売るんかい!」って、自分でも突っ込み入れたくなります。

変な言い訳はしません。
結局は売りものにしようと作り始めています。
できるかぎり、危険な箇所を取り除けるように作ってみます。
 
 挑戦してみて、だめだったらそれでいいんです。
実際に見て頂いて「やっぱり危ないじゃんコレ」って、意見を頂けると助かります。


また、途中の制作の状況も、載せたいとおもいます。

拍手[0回]


海南サンデーマーケットはあしたです!

9時~15時。
温山荘公園で開催です。

なんと、53ブースの満員御礼☆
こりゃもうすごい楽しいよ!

お天気の心配もいりません!
暑さ対策・日焼け対策のほうをお願いします!


わたしはいつもの作ったのと、セミノールオレンジを持っていきます!
セミノールのことは、前の日記で紹介していますので、下記URLから見てみてください。
http://b1080.blog.shinobi.jp/Date/20150424/1/



優先順位をまちがえながら進んだり。
イレギュラーなことが起こったりで。

えらいこっちゃです・・汗。

ニスの乾かし中。

写真の右のやつ、いつものよりデカいです・・まちがえちゃった。
まあ、これはこれでいいかんじの存在感を出してくれそうなのでいいや!

今日をがんばるよ!

あした、海南サンデーマーケットでお待ちしております☆



拍手[0回]


鳥がよく鳴いています。
ナチュラルサウンド◎



材料集めをしていました。
あと、なんとなく、準備を。

本格的な作業はまだこれから。
これがスタート地点に立つ・・というやつか。

材料って、あるものが手に入るなら、本当にありがたいですね。
アンティークなラベルがほしくて、まあできたら無料でダウンロードさせてもらえないかと探すと、それはたくさんあるんですが、「商用可」というのはさすがに少ない。・・まあ、タダで手に入れたものを商売に・・って、場合によってはどあつかましくもあるんですが。
万が一、確認ミスして、売っちゃいけないの売っちゃったら怖いし・・。
なので、適当な英語やフランス語を並べてみて、文字だけのラベルを作ってみました。

アンティークなの作りたかったんですが、おもいっきりジャンクな方向に走ってました。
どこで道まちがえた?(Φ_Φ)

他の方が作ったラベルを参考にしつつなんですが、わたしはなにかやるときは、基本の「き」から始めるタイプなので、応用があんまりきかないというか、飲み込み遅いというか・・。
「完成がコレだ。・・さあ、やってみなさい」というかんじで、何も教わらずにやるのって、やっぱり簡単じゃないです(泣)

結局、「COFFEE」「TEA」「SALT」という、定番に頼ることに(苦笑)
他は、昔の英字新聞と、ばあちゃんにもらった外国の古切手を頼った。

さ・・あとで珈琲で染めてみます。



そうそう。
気づいたら、もう次の日曜だった・・まじか。

海南サンデーマーケット。
5月10日(日)。
9時~15時。 
海南市の温山荘公園で開催です。

雨天決行ですが、天候が悪いときは、開催状況をご確認頂いてからお越し頂くのが確実です。
出店者情報・当日の開催の確認などは、Facebookから「海南サンデーマーケット」のページでご覧になれますので、検索してみてください◎

この5月開催を逃すと、次は秋の開催までお休みになりますので、是非来てほしい!
今回は50ブースの満員御礼だとか!?
飲食も雑貨もすごいことになってるとか!?
これはもう行くっきゃないよ!!

ちょうど5月10日は、他でもイベントがたくさんあります。
海南市内では、朝から「軽トラ市」。
黒江のぬりもの館さんでは午後から落語があったはず。
和歌山市のほうでも、大きなイベントがあるようですが、和歌山市~海南市はお隣さんどうし◎是非ハシゴして楽しんで頂きたいです◎

よろしくお願い致します\(・∪・)



さて・・。
ラベルもできて、よかったんですが、これね、やることの優先順位はまちがえたね!

全部が目の前に迫ってきてるよ・・オロオロあわあわ(笑)

さ~やるよ!これからやる!
晩ご飯食べてからやる!
 
 

拍手[0回]

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 7
9 10 11 12 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/17 田中ちはる]
[03/16 ゆう組長]
[03/13 hippi]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]